TRA-TRAVEL MAP

TRA-TRAVEL is the art hub established in 2019. We host onsite and online events such as exhibitions and talk events with our mission to connect locals from different sites/countries, and generate a new cultural, artistic and touristic traffic with them.

Barcelona/バルセロナ

Espronceda, Center for Art and Culture

Philippines/フィリピン(マニラ)

Load na Dito

NEWS


TRA-TRA-TALK

 vol.5 「9つの質問:アートオーガナイゼーションの活動と国際交流の可能性— 台北、ホーチミン、カールスルーエから」

 

image of TRA-TRA-TALK vol.5 「9つの質問:アートオーガナイゼーションの活動と国際交流の可能性— 台北、ホーチミン、カールスルーエから」
 
JP  4 February 2024
 
 
 
English follows Japanese
■イベント概要
大阪のアートハブ・TRA-TRAVELは、「リサーチをひらく」をテーマにしたトークイベント「TRA-TRA-TALK(TTT)」を継続的に開催しています。クリエイターや研究者などの「リサーチャー(聞き手)」が、プロジェクトやリサーチを進めるにあたって、専門家や事情通など「レスポンダー(応対者)」に話を聞きに行くことを、あえてパブリックイベントとしてひらくことで、観客も交えた意見交換を行う「相互の学びの場」となることを目指しています。
TTT vol.5は、TRA-TRAVELをリサーチャーとして、また台北、ホーチミン、カールスルーエを代表するアートオーガイナイゼーション三団体をレスポンダーとして招き、「アートオーガナイゼーションの活動と国際交流の可能性」を中心に対話/リサーチをひらきます。
 
 
□ トークテーマ「9つの質問:アートオーガナイゼーションの活動と国際交流の可能性— 台北、ホーチミン、カールスルーエから」
– リサーチャー/TRA-TRAVEL
– レスポンダー/OCAC、Sàn Art、Mediating Media Art
*トークモデレーター・通訳: 池田昇太郎
□ 日 程:2024年2月4日(日)17:00~19:00 (受付開始:16:40) 
*参加費:自由(ドネーション制)*定員30名(予約不要、先着順)
□ 会 場:JUU(FIGYA運営施設)
(〒554-0013 大阪府大阪市此花区梅香1丁目17ー20)
 
主催:TRA-TRAVEL 共催:OCAC
助成:大阪市、芳泉文化財団、國家文化藝術基金會
協力:FIGYA、一般社団法人アラヤシキ
 
 
 
ーー
■イベント詳細
9つの質問からスタートする本トークイベント「TTT vol.5」では、台北のアーティスト・コレクティブ『OCAC』、ホーチミンのアーティスト・イニシアチブ・プラットフォーム『Sàn Art』、そしてカールスルーエの美術館・研究所ZKMのアートメディエイターが立ちあげた『Mediating Media Arts』が参加します。
各国や地域でアートがどのように機能し、また現在のトレンドがどのようなものかについて意見交換を行い、国や地域によって異なる「アートに関する制度、歴史、文化助成、国際協力」について理解をふかめる機会をもちたいと思います。
同時代のアートの動向に耳をかたむけ、新たな視点やインスピレーションを得る絶好の機会となることでしょう。ぜひ足をお運びください。
※ 関連イベント 上映会:
TTT vol.5の関連イベントとして、①台北『OCAC』のキュレーターチームP.M.S.による台湾の映像作品(2/3土曜)、②ベトナム『Sàn Art』のキュレーターMart Lou Davidによるベトナムの映像作品(2/18日曜)の上映会を、同会場にて開催します。
 
 
■ Sàn Art https://san-art.org/
2007年にアーティスト主導のプラットフォームとしてホーチミン市に設立されたSàn Artは、以来、ベトナムとこの地域をリードする独立系アート団体へと成長した。Sàn Artは、国内外のアーティストや文化活動に対する草の根的な支援へのコミットメントを維持しつつ、定期的な教育的イニシアチブを通じた批評的言説の場でもある。
展覧会プログラム(2007年以来110以上)のほか、Sàn Artの過去のプロジェクトには、アーティスト・レジデンス「Sàn Art Laboratory」(2012-2015年)、出版物やイベントのシリーズ「Conscious Realities」(2013-2016年)などがあり、グローバル・サウスに焦点を当てた作家、アーティスト、思想家、文化関係者を招いている。2018年、Sàn Artはキュレーター養成学校「Uncommon Pursuits」と、ベトナムとこの地域の近現代美術の対話に焦点を当てた新しいギャラリーを立ち上げた。また同年、MoT+++およびNguyen Art Foundationと共同で設立した国際的なアーティスト・レジデンシー・プログラムであるA. Farm(2018-2020)を開始した。
組織の歴史に新たな章を開いたSàn Artは、革新的で実験的な実践や視点を支援・育成するコミュニティ・ハブとして拡大している。
 
 
■ OCAC (Open Contemporary Art Center) https://www.facebook.com/opencontemporary
2001年に台湾の板橋で設立されたOpen Contemporary Art Center(OCAC)は、バンコクや台北の様々な地区を拠点に進化を遂げてきたアーティストコレクティブ。初期にはアーティストスタジオ、ブッククラブ、展覧会などのプログラムを提供していましたが、現在では特にタイのアーティストとの国際的なつながりを深めるための「ThaiTaiプロジェクト」を通じて成長を遂げています。現在は9人のメンバー全員が活動中のアーティストで、OCACは現代アートシーンにおける多様な対話と芸術的可能性を促進するシンクタンクおよびプラットフォームとして機能しています。
 
■ Mediating Media Arts https://www.instagram.com/mediating_media_arts/
Mediating Media Artsはカールスルーエの文化施設ZKMのアートメディエイターBarbara Kiolbassa と Fanny Kranzが立ち上げたチーム。2022年にMMAは韓国、日本、インドネシアを訪れ、非ヨーロッパ的文脈におけるメディア・アートの媒介を探求し、多くのネットワークを築き、そして何よりもたくさんの食事を交わしました。
MMAは、韓国、日本、インドネシアで実践されているメディアアートの仲介(メディエイション)戦略について、また、メディアアート媒介の差し迫った課題は何なのかを、それぞれのローカルな文脈を踏まえて研究した。TTT vol.5では、彼らの経験を紹介する。
 
 
■レスポンダー
マリー・ルー・ダヴィド/Mary Lou DAVID
パリ生まれ、ロンドン育ち。ホーチミンを拠点に活動。2014年ロンドン大学コートールド美術研究所美術史コース修了。 ベトナムのアートシーンを牽引する現代アートオーガナイゼーション「Sàn Art(サン・アート)」のキュレーター。実験映画、ビデオ・アート、クィア・パフォーマンスへの継続的な関心に加え、同地のインディペンデントなアートスペースを支援し、コラボレーションするための新たなネットワークの構築を目指す。さまざまなレジデンスプロジェクトに携わる中で、コミュニティに焦点を当てたプログラムと国際的な芸術交流が地元のアートシーンを多様にし、活性化するためのプロジェクトを数多く実践している。
Sàn Artでの展覧会企画と並行して、「Saigon Experimental Film Festival’ editions III and IV (2020年、 2022年) 」の共同キュレーション、 A. Farm (2018-2020年)、Times & Realities (2021年)、Sàn Art Studio (2021年〜)、Ecologies of Water (2023-)といったレジデンシープロジェクトにも関わっている。
※マリー・ルー・ダヴィドの今回の日本滞在とリサーチは、石橋財団・国際交流基金日本美術研究フェローシップの支援により実現しました。
 
 
 

ルオ・シードン

OCAC(Open Contemporary Art Center)の主要メンバーであるルオ・シードンの芸術実践は、個人としてのアート表現の追求と集団的な実践への関心という、二つの異なる磁場から形作られています。

2011年にはパリのポンピドゥー・センターで行われた「Rencontres Internationales Paris/Berlin/Madrid」や、フランスのリヨン・ビエンナーレ「Une terrible poetique」に参加しました。2014年には、国立文化芸術基金から海外芸術旅行プログラムの助成を受け、インドネシア、フィリピン、タイの芸術スペースやコレクティブのリサーチや交流を進めました。台湾と東南アジアの間で多数の共同プロジェクトを実施しており、例えば、Jiandyinとの共同での「ThaiTai: A Measure of Understanding」(2012-2014)、Lifepatchとの「CO-Temporary: Itu Apa Island」(2016)、PETAMUプロジェクト(2018)、そして「A Fly Enters. Immense Breath of the SEA」シリーズ(2020-2022)など。2022年には、Baan Noorg Collaborative Arts & Cultureと共にカッセルのDocumenta15に参加しました。

 
 
 
 
 
TRA-TRA-TALK vol.5
9 Questions: Exploring the works of Art organizations and prospects for global collaboration – Insights from Taipei, Ho Chi Minh, and Karlsruhe
 
■ Introduction:
Researchers often engage in conversations with knowledgeable individuals who can provide insights and answers, helping to advance their projects and research. This event is designed to make such research processes public, creating a “space for mutual learning” where the audience can actively participate in exchanging opinions and ideas. In TTT vol.5, TRA-TRAVEL will take on the role of the “researcher,” while three art organisations from Taipei, Ho Chi Minh City, and Karlsruhe will serve as “responders.” The event will facilitate dialogue and research, centring on “Exploring the Activities of Art Organisations and Prospects for International Collaboration.”
“TTT vol. 5” will commence with a series of nine questions and feature prominent participants: the Taipei artist collective “OCAC,” the Ho Chi Minh City-based artist initiative platform “Sàn Art,” and “Mediating Media Arts,” a project initiated by art mediators from the ZKM cultural instituion in Karlsruhe. This event aims to foster a dialogue on how art functions across different countries, regions, and time zones, and to explore current trends. We will delve into the diverse aspects of “art organisations, history, cultural funding, and international cooperation,” which vary significantly from one region to another. This gathering presents a unique opportunity to engage with contemporary art trends and to acquire fresh perspectives and inspiration. We eagerly anticipate your participation!
*Associated Event Screenings:
In conjunction with TTT vol.5, we are excited to present two special screenings at the same venue: 1) A showcase of Taiwanese video works by P.M.S. from OCAC, Taipei, scheduled for Saturday, Feb. 3, and 2) A selection of Vietnamese video works curated by Mart Lou David of Sàn Art, Vietnam, set for Sunday, Feb. 18. These screenings promise to enrich the overall experience of the event.
 
 
 
■ Sàn Art https://san-art.org/
Sàn Art, founded in 2007 in Ho Chi Minh City as an artist-led platform, has since grown into a leading independent arts organization in Vietnam and the region. Maintaining a commitment to grassroots support for local and international artists and cultural work, Sàn Art is also a site for critical discourse with regular educational initiatives.
Sàn Art has hosted over 110 exhibitions since 2007, alongside projects like the Sàn Art Laboratory artist-residency and Conscious Realities, featuring publications and events with a Global South focus. In 2018, it launched Uncommon Pursuits, a curatorial school, and a new gallery for modern and contemporary art dialogues in Vietnam and the region. The same year saw the inception of A. Farm, an international artist residency program, in collaboration with MoT+++ and the Nguyen Art Foundation.
Opening a new chapter in the organization’s history, Sàn Art is expanding as a community hub to support and foster innovative and experimental practices and perspectives.
 
■ OCAC (Open Contemporary Art Center)https://www.facebook.com/opencontemporary
OCAC / Open Contemporary Art Center, founded in 2001 in Banqiao, is an artist collective that has evolved through various locations, including Bangkok and different districts in Taipei. Initially offering programs like artist studios, book clubs, and exhibitions, OCAC has grown to foster international connections, notably with Thai artists through the ThaiTai Project. Now with nine members, all active artists, OCAC serves as a think-tank and platform, promoting diverse dialogues and artistic possibilities in the contemporary art scene.
 
 
 
 
■ Mediating Media Arts https://www.instagram.com/mediating_media_arts/
In October 2022, Barbara and Fanny embarked on a research trip to Korea, Japan, and Indonesia. Their goal was to explore media art mediation in non-European contexts, establish numerous networks, and, importantly, share a variety of culinary experiences. MMA conducted research into the specific strategies used for media art mediation in these countries, focusing on the unique challenges and issues relevant to each local context. At TTT vol.5, they will present their findings and experiences.
 
■responder
Mary Lou David
Born in Paris, raised in London and now living in Ho Chi Minh City, Mary is one of the curators currently running Sàn Art, an leading contemporary arts organisation in Vietnam. In addition to her ongoing interests in experimental cinema, video art, and queer performance, Mary is interested in developing new networks of support and collaboration between independent art spaces in the region. Aside from her exhibition work, she has also co-curated ‘Saigon Experimental Film Festival’ editions III and IV (2020 and 2022) and been involved in a variety of residency projects including A. Farm (2018-2020), Times & Realities (2021), Sàn Art Studio (2021-), Ecologies of Water (2023-).
* Mary’s research and stay in Japan has been made possible through the generous support of the Ishibashi Foundation / The Japan Foundation Fellowship for Research on Japanese Art.

 

Lo Shih Tung

Lo Shih Tung’s practice orbits around two different gravities—of his personal artistic pursuit as well as of his interest in collective practice. As a leading member of Open Contemporary Art Center, Lo has been taking a very specific role in navigating potential interactions among cross-cultural perspectives and artistic practices, investigating the force of art that is Nmobilized and shaped by form, space, model and relation of collaborative process. His individual practice pays attention to fragmented narration and reflection of a contextual setting or environment, operation and composition of the world. 

Lo has participated in the 2011 Rencontres Internationales Paris/Berlin/Madrid at Centre Georges Pompidou, Paris/ France, and also Une terrible poetique, La Biennale de Lyon, France. In 2014 Lo received the grant Overseas Arts Travel Program from The National Culture and Arts Foundation (NCAF) and preceded his research and exchanges with art spaces and collectives in Indonesia, Philippines and Thailand. Lo also initiates and participates in numbers of collaborative projects between Taiwan and Southeast Asia. Such as ThaiTai: A Measure of Understanding in collaboration with Jiandyin (2012-2014), CO-Temporary: Itu Apa Island (2016) in collaboration with Lifepatch, PETAMU project (2018), A Fly Enters. Immense Breath of the SEA series (2020-2022). Participate in Documenta 15, Kassel with Baan Noorg Collaborative Arts & Culture in 2022.

 

 

 

 

 

 

 

 


Beer with Artist

 vol.2 ジャコモ・ザガネッリ/シルビア・ピアンティーニ(Giacomo Zaganelli and Silvia Piantini)

 

image of “Beer with Artist” Vol.2 Giacomo Zaganelli and Silvia Piantini at  Ichinojuni no Yon, Osaka, Japan
 
JP  4 November 2023

 

 
English follows Japanese:
 
イベント概要:

 

ジャコモ・ザガネッリ(Giacomo Zaganelli)とシルビア・ピアンティーニ(Silvia Piantini)は、イタリア出身でベルリンを拠点とするアーティスト兼デザイナーのデュオです。彼らはアジア、特に台湾や日本で精力的に活動しており、土地の文脈や地元民と多文化的対話を通じて、空間、身体性、生物と素材の関連性を探求しています。
Beer with Artist vol.2では、西成区の居酒屋を併設するアートスペース「イチノジュウニのヨン」を会場にトークイベントを行います。
本イベントは「アーティストに聞いてみる」をテーマに、気軽にアーティストとの交流を生むカジュアルなトークイベントです。来日したアーティストと一緒に食事やお茶を楽しみ、会話を交わし、新たなつながりを築くことを目的とします。作品の事だけでなく、アーティストに対する素朴な疑問や、イタリアやベルリンの生活についてなど、自由な会話を楽しむ機会をもちたいと思います。この機会に、一緒にお茶を飲みながらアーティストの視点を介して、世界に足を踏み入れてみませんか?皆様がふらりと立ち寄られることを心待ちにしております。

 

日 程:2023年11月4日(土)16:00~18:00

※入退場自由、予約不要

会 場:イチノジュウニのヨン

住 所: 大阪市西成区山王1-12−4

□ 言 語:英語、ときどき日本語(スタッフによる日英補助有)

□ 料 金:無料(ワンドリンク・オーダー制)

 

-----

主催:TRA-TRAVEL 協力:C-index、FIGYA 、NART (敬称略)

-----

 

■アーティストプロフィール:

ジャコモ・ザガネッリ / シルビア・ピアンティーニ Giacomo Zaganelli and Silvia Piantini

 

ベルリンを拠点に活動するイタリア人アーティスト&デザイナーデュオ。
土地にある様々な文脈をリサーチし、地元の人々との多文化的な対話を通して、空間と身体性、生物と素材のつながりや関係性を探求する作品を制作。彼らの型にはまらない地域への芸術的アプローチから生まれる作品は、インスタレーション、パフォーマンス等、さまざまな形で展開され、地域の文脈に触れるためのメディアとしても機能している。これまで主に台湾と日本、タイなど、長年アジアで積極的に活動し、2021年にはタイランド・ビエンナーレで作品の発表をおこなった。

 

 

 

-----

 

 

“Beer with Artist”
Vol.2 Giacomo Zaganelli and Silvia Piantini 

November 4, 2023, from 4 PM @ Ichinojuni no Yon (1-12-4 Sanno, Nishinari-ku, Osaka City)

 

Giacomo Zaganelli and Silvia Piantini are an artist-designer duo from Italy, currently based in Berlin. United by a shared perspective on art and life, they delve into the intricate relationships between space, physicality, living entities, and materials. Their practice is deeply rooted in research and the discovery of diverse contexts, wherein they explore unique details and foster multicultural dialogues with local communities.
Their talk session, Beer with Artist vol.2, is scheduled to take place at “Ichinojuni no Yon,” an art space that also functions as an izakaya (Japanese-style pub), located in Nishinari.
This event is designed as a casual talk session with “Frank Q&A.” It aims to foster casual interactions with the artists, allowing attendees to enjoy meals and drinks, engage in spontaneous conversations, and forge new connections – a refreshing divergence from standard artist talks. We invite attendees to not only discuss the artworks but also to delve into candid inquiries about the artists, their life experiences in Italy and Berlin, among other topics. It’s a rare chance to explore global perspectives, all while sharing a cup of tea. We eagerly anticipate your presence.
 

—-

 

“Beer with Artist”

Vol.2 Giacomo Zaganelli and Silvia Piantini 

Date: November 4, 2023 (Saturday) from 4 to 6 PM
*Free entry and exit, no reservation
Venue: Ichinojuni no Yon
1-12-4 Sanno, Nishinari-ku, Osaka City

Language: English, Japanese
Fee: Free (One-drink order system)
Organizer: TRA-TRAVEL
In cooperation with: C-index, FIGYA, NART

 

■ Artist Profile

Giacomo Zaganelli and Silvia Piantini are an artist+designer duo from Italy, based in Berlin. Working together and sharing the same approach towards art and life, the duo investigates the connection and the relationships between space and physicality, living things and materials.
The research and discovery of different contexts, exploring peculiar details and activating a multicultural dialogue with locals, are considered fundamental moments and integrant part of their practice. A participatory approach and an unconventional involvement of the local resources always influence the outcome of their collaboration, encompassing different types of languages that, from time to time, take the form of actions, interventions, installations, performances, case studies. Art as a medium to get in touch with local contexts.
The duo has been actively working in Asia for many years, mainly in Taiwan and Japan and recently also in Thailand. In 2021 Zaganelli participated in the Thailand Biennale in Korat and Piantini joined him as project coordinator.


AIRΔ / Artist-in-residency Program vol.7

Super Studio Kitakagaya オープンスタジオ

カール・カストロ(Karl Castro)

 

image of AIRΔ vol.7 Karl Castro open studio at Super Studio Kitakagaya, Osaka, Japan.
 
JP  27~29 October 2023

 

■オープンスタジオ概要
プロジェクト名:The Art of (Ex)Positioning
テーマ:1970 年の大阪万博におけるフィリピンの参加の再評価
作家名:カール・カストロ
プロジェクト「The Art of (Ex)Positioning」は、1970 年に大阪で行われた万博(EXPO’70)に参加したフィリピンの歴史的・文化的な意義を再評価し、探求します。
このプロジェクトは、「国家」という枠組みが市民の日常生活にどのように影響を与えるのかを思考し、その観点から EXPO’70 におけるフィリピンパビリオンの国家的なアプローチを再検証します。万博は、フィリピンが国際的な舞台で自身を表現し、未来に向けたビジョンを示した貴重な機会だったと考えます。
カストロは、3 ヶ月間アーティストインレジデンス(AIRΔ vol.7)として SSK に滞在し、EXPO’70 におけるフィリピンの国家としての自己表現、反応、そしてその年の他の出来事との関連性をリサーチします。その成果は、12 月初旬から千鳥文化(北加賀屋)で展示されます。また、このプロジェクトは、フィリピンの国家的志向が現代のフィリピンの現実にどのような影響を与えているのかを理解する手がかりも提供します。
AIRΔ vol.7
主催:TRA-TRAVEL
助成:大阪市、芳泉文化財団


AIRΔ / Artist-in-residency Program vol.6

 タイラー・コバーン(Tyler Coburn)

 

image of AIRΔ vol.6 Tyler Coburn talk event “Remote Sensation” at DOYANEN HOTELS BAKURO, Osaka, Japan and workshop “Counter Factuals” at 1-12-4, Osaka, Japan.
 
JP  14, 15 July 2023

 

■イベント概要
タイラー・コバーン(Tyler Coburn)は、ニューヨークを拠点とするアメリカ人ビジュアルアーティストです。多様なメディアを用い、植物学、法律、人間工学、美術館などを題材に制作を行っています。これまでポンピドゥーセンター(パリ)、ホイットニー美術館(ニューヨーク)、ヘイワード・ギャラリー(ロンドン)などで作品を発表しています。
AIRΔ vol.6では、ショートリサーチレジデンス作家として、7月14日にDOYANEN HOTELS BAKURO(大阪市西成区)にてトークイベントを、翌日15日にイチノジュウニのヨン(大阪市西成区)でワークショップを開催します。 トークイベントでは、コバーンのこれまでの活動の紹介から始まり、日本で行った南蛮芸術に関するプロジェクトについてトークを行うことを通して、感覚から歴史にアプローチする方法を私たちに提示します。またワークショップ「カウンターファクチュアルズ・反実仮想」では、歴史上で起きた事象に対して別のシナリオを想像することから、私たちの現在の有り様に、別解釈をもたらすゲーム式ワークショップです。歴史を再構築するダイナミックな方法から、「今」という瞬間を批評的に見つめなおす機会となるので、是非お越しください。

 

<トークイベント>
「リモートセンセーション」
会場:DOYANEN HOTELS BAKURO (大阪市西成区萩之茶屋2-8-12)
日時:2023年7月14日 19:00~20:30  入場無料、予約不要 (日英通訳有)
主催:TRA-TRAVEL 共催:DOYANEN HOTELS
助成:大阪市
協力:C-index、Tokyo Arts and Space、一般社団法人アラヤシキ、NART (敬称略)
 
<ワークショップ>
「カウンターファクチュアルズ・反実仮想」
会場:イチノジュウニのヨン (大阪市西成区山王1-12−4)
日時:2023年7月15日 14:00~17:00  1ドリンク制、予約制(先着12名) (日英通訳有)
予約先:info.tratravel@gmail.com宛に、①氏名と②題名に「ワークショップ」と記載の上、予約メールを送信してください。
(注1:ワークショップの都合上、終了時間が最大1時間延長する可能性があります)
(注2:ワークショップでは、PCもしくはダブレットを使用するので持参してください)
主催:TRA-TRAVEL 共催:DOYANEN HOTELS
助成:大阪市
協力:C-index、Tokyo Arts and Space、一般社団法人アラヤシキ、NART (敬称略)
 

□通訳: 池田昇太郎

 

 

 

AIRΔ vol.6 Tyler Coburn  Talk event: “Remote sensation” Workshop: “Counterfactuals” Tyler Coburn is an American visual artist and writer based in New York City. Using a variety of media, he explores such subjects as botany, law, ergonomics, and the collecting practices of museums. Coburn’s work has been exhibited internationally, including at Centre Pompidou (Paris), Para Site (Hong Kong), and Hayward Gallery (London).

In AIRΔ vol.6, for his short research artist in residence, Coburn held a talk at DOYANEN HOTELS BAKURO (Nishinari-ku, Osaka City) on July 14th and a workshop at ICHINOJUNI NO YON (Nishinari-ku, Osaka City) the following day. In the talk, Coburn surveyed his past work and current research into Namban art in Japan, demonstrating a method of approaching history through multiple senses. The gaming-style workshop, entitled “Counterfactuals,” invited participants to imagine alternate paths that past events could have taken. It was an opportunity to dynamically engage the historical record and ask critical questions about what other presents and futures could be possible. 

 

Talk event “Remote sensation”

Venue: DOYANEN HOTELS BAKURO (2-8-12, Hagi no Chaya, Nishinari-ku, Osaka)

Date and time: July 14, 2023 19:00 – 20:30 Admission is free, no reservation required (Japanese/English translation available)

 

Workshop “Counterfactuals”

Venue: Ichinojuni no Yon (1-12-4 Sanno, Nishinari-ku, Osaka City)

Date: July 15, 2023 14:00 – 17:00, 1 drink required, reservations required (first 12 people) (Japanese-English interpretation available) (Note: The end time may be extended by up to one hour.)

 

Organized by TRA-TRAVEL Co-organized by DOYANEN HOTELS

Supported by: Osaka City Cooperation: C-index, Tokyo Arts and Space, General Incorporated Association Arayashiki, NART

 

Translator: Shotaro Ikeda


AIRΔ / Artist-in-residency Program vol.5

 アナ・メンデス(Ana Mendes)

 

image of AIRΔ vol.5 Ana Mendes talk event “Re: museum – Collections Seen from a Postcolonial Perspective” at DOYANEN HOTELS BAKURO, Osaka, Japan
 
JP  3 June 2023

 

■イベント概要
ポルトガル人ビジュアルアーティスト/ライターのアナ・メンデス(Ana Mendes)は、世界中の博物館の展示品や所蔵品、路上彫刻などをポストコロニアルな視点から見つめ、人々の記憶やアイデンティティをリサーチしています。日本においても、様々な博物館の所蔵品を調査し、日本や周辺国との過去や現在の関係性を読み解く活動を行っています。 AIRΔ vol.5では、ショートリサーチレジデンス作家としてアナ・メンデスを招聘し、DOYANEN HOTELS BAKURO(大阪市西成区)にてトークイベントを開催します。過去から現在までの彼女の活動を語りあかす本トークイベントは、私たちにどのような他国や他者との関係性を示してくれるのでしょうか。ホテルという一期一会の出会いが交わる場所で、彼女の視点を皆さんと共有できればと思います。

 

□日程: 2023年6月3日(土)16:00~18;00

□会場: DOYANEN HOTELS BAKURO 1F カフェスペース
   (大阪市西成区萩之茶屋2-8-12)

入場無料

□通訳: 池田昇太郎

 

―――――

主催: TRA-TRAVEL

共催: DOYANEN HOTELS

助成: 大阪市

協力: 一般社団法人アラヤシキ


Beer with Artist

 vol.1 ファニ・フッタークネヒト(Fanni Futterknecht)

 

image of “Beer with Artist” Vol.1 Fanni Futterknecht at Hoffma, Osaka, Japan
 
JP  21 May 2023

 

 
English follows Japanese:
 
イベント概要:

 

TRA-TRAVELの新たな試み「Beer with Artist」は、”アーティストと共に飲む”をテーマにしたカジュアルなトークイベントです。来日したアーティストと一緒に食事やお酒を楽しみ、会話を交わし、新たなつながりを築くことが本イベントの目的です。一般的なアーティストトークとは異なり、気軽な交流が生まれる空間を作り出すことを目指しています。
第一回目は、オーストリア出身の現代アーティスト、ファニ・フッタークネヒト(Fanni Futterknecht)さんをゲストに迎えます。彼女の作品やアーティストとしての思考、そして現在の関心事について深く掘り下げながら、自由な会話を楽しむことができます。

 

日 程:20235月21日(日)18:00~

※入退場自由、予約不要

会 場:Hoffma

住 所:〒542-0012 大阪府大阪市中央区谷町6丁目13-6

□ 言 語:英語、ときどき日本語

□ 料 金:無料(ワンドリンク・オーダー制)

 

-----

主催:TRA-TRAVEL 共催:Hoffma 

-----

 

■アーティストプロフィール:

ファニ・フッタークネヒト(Fanni Futterknecht)

https://www.fannifutterknecht.com/

 

オーストリア・ウィーン出身のビジュアルアーティスト。ゲリット・リートフェルトアカデミーとウィーン美術アカデミーでファインアートとメディアアートを学び、後にフランスでパフォーマンス、空間、身体について研究を行う。フッタークネヒトの作品は、パフォーマンス、デモンストレーション、ビデオ、インスタレーションなど多様な手法を用いており、詩的な解釈で社会問題を反映している。また、パフォーマンスやインスタレーションは創造的に変化し続ける進行形の彫刻だと考え制作を行っている。ICAリサーチフェローとして京都に滞在中。

 

 

 

■イベント前のインタビュー:

Qenji Yoshida(以下QY): もちろんイベントでもお聞きする予定ですが、Fanniさんがどんなアーティストで、どんな領域を扱っているのか、簡潔に自己紹介いただけますか?

 

Fanni Futterknecht(以下FF):今回は招待ありがとう! Beer with Artistというアイデアも好きだし、自分の作品について話したり、大阪で知らない人達と交流する機会がもてること楽しみです。私はウィーンを拠点に活動するビジュアルアーティストで、パフォーマンス、インスタレーション、ビデオ、テキストなど、主に物語性のあるさまざまなメディアを使って作品を作っていて、プロジェクトによってはパフォーマーやミュージシャンとコラボもよく行っています。最近は「kritzeln(落書き)」に関心があって、書き言葉や話し言葉の拡張形としてや、抗議運動のジェスチャーとして応用した制作も行っています。

 

QY:写真もいくつか見せてもらったんですが特にパフォーマンスが気になっています。今回の日本滞在ではどんなプロジェクトをしているんですか?

 

FF:今回、京都のICAフェローシップの枠で来日していて、社会や政治的な側面から「遊びの文化」や「おもちゃ」をテーマにしたリサーチをするために来ました。私たちの日常生活の中で、遊びがどこから始まり、どこで終わるのか、幅広いイメージやアイデア、あるいは想像力を得たいと考えリサーチを進めています。

 

QY:日本は遊びの文化が発展しているしリサーチをするには良い環境そうですね。でも半面、日本でプロジェクトを実施する難しさもありませんか?

 

FF:その通りですね。日本は、遊びやゲームについては無限の機会と刺激を提供してくれる場所なので、このリサーチにとっては完璧な場所だと思います。日本での滞在は3回目になりますが、東京や大阪に比べると京都は少し閉鎖感を感じます。あと、やはり言葉の壁がありますね。日本では紹介で繋がる文化があるように思いますが、外国人という立場上、他の方の手助けに身を委ねる形になりがちです。素晴らしくもあり、自分自身で何か解決したい場合には、息苦しくなることもありますね。

 

QY:今回は「Beer with Artist」という名前の企画なので、オーストリアのお酒文化についても1つ質問していいですか? 例えば 日本には「飲み会」という言葉があります。友人同士などで居酒屋などに集まって一緒に飲みながらお喋りを楽しむ会、みたいなものです。例えばビジネスシーンでは打ち合わせや会議ではなく「飲み会」で契約を取ったり、恋愛市場では合コンという「飲み会」があったり、いろいろ社会的な機能があったりします。オーストリアはいかがですか?

 

FF:日本の「飲み会」には何回も参加したことがありますよ。前に東京にいた時にはかなり飲み歩いた思い出があります。オーストリアでもお酒文化は強くて、やはり「オフィスではなく、契約はバーで結ばれる」という言葉もあります。とはいえ、かなり文化的には違いますね。ヨーロッパの中ではオーストリアの人たちはシャイだと思うのですが、自分たちが納得できないこと、嫌いなことに対しては、本当にまっすぐぶつかってきます。日本では問題や不快感に対して、直接的でない方法で対処し、相手にとって不快な状況を避けることを探り、対立を避けようとする文化があると思いますが、オーストリアは、その逆ですね。でも結果、人々はより多くを語り、特に酔っているときは一層激しく議論し合います。

 

QY:ああ、確かに僕も対立を好まず、弁証法というか、第三の提案とかをすぐ考えがちです。対立を好まないのって島国で調和を重んじるから、みたいな事も言ったりしますね。政治的、あるいは社会、地政学的な影響なのか・・もう少し話したいですが続きはバーで!

 

-----

 

 

“Beer with Artist”
Vol.1 Fanni Futterknecht

May 21, 2023, from 6 PM @Hoffma
https://goo.gl/maps/nAZze3raxPfvhBe57?coh=178571&entry=tt

 

TRA-TRAVEL’s new venture, “Beer with Artist,” is a casual talk event themed around “drinking with the artist”. The aim of this event is to enjoy meals and drinks with artists visiting Japan, exchange conversations, and build new connections. Unlike typical artist talks, we aim to create a space where casual interactions can occur.
Our first guest is Fanni Futterknecht, a contemporary artist from Austria. You can enjoy free conversations while delving deeper into her works, thoughts as an artist, and current interests. Why not take this opportunity to step into the artist’s world while sipping on a drink or coffee together? We look forward to your participation.

—-

 

“Beer with Artist”

Vol.1 Fanni Futterknecht

Date: May 21, 2023 (Sunday) from 6 PM
*Free entry and exit, no reservation
Venue: Hoffma
6-13-6 Tanimachi, Chuo-ku, Osaka City, Osaka Prefecture 542-0012
https://goo.gl/maps/nAZze3raxPfvhBe57?coh=178571&entry=tt

Language: English, Japanese
Fee: Free (One-drink order system)
Organizer: TRA-TRAVEL
Co-host: Hoffma

 

■ Artist Profile

Fanni Futterknecht
https://www.fannifutterknecht.com/

Born in Vienna Fanni Futterknecht has been studying fine art, contextual painting and video at the Gerrit Rietveld Academy Amsterdam and the Academy of Fine Arts Vienna. She participated at CNDC in Angers in France researching live performance, space and the body.
Fanni Futterknecht’s works adopt a position that spans media, ranging between video, performance and installation. In her works she reflects on sociological and social questions, converting them into poetic interpretations. In spatial and plastic realizations and translations, and by means of language, the artist works on – in the form of performance, demonstrations, videos and installations – the construction and deconstruction of scenarios. Performance-installations are understood as processual sculptures, transforming creatively during their staging.Part of this investigation is a concern with processes of media translation and a questioning of the media employed in each context: the translation of the performance into a video. The video as an exhibition. The installation as a performance

 

■pre-interview with the artist

 

Qenji Yoshida (QY): We will be discussing this at our event, “Beer with Artist,” but could you briefly tell us about yourself as an artist and the kind of field/area you explore?

 

Fanni Futterknecht(FF): thank you so much for this invitation. I am really happy about this idea and to have the opportunity to exchange with you and other artists about my work.

So briefly, I am a Vienna based visual artist working with different media mainly of narrative nature such as performance, installation, video and text. I work a lot with different performers as well as musicians depending on the specific project. My last project was about the act of scribbling (in Austrian German kritzeln) as an extended form of writing and speaking and a performative gesture of protest. The work is based on an extensive exploration about rhetoric in public space.

 

QY: I’ve seen some of your projects, and I’m particularly interested in your performance. While you’re in Japan, what kind of project are you working on?

 

FF: I came to Japan this time in the frame of an ICA fellowship based on my current research around the theme of play culture and toys in its social and political dimensions. Main goal was to get a broad image, idea or even imagination of where play begins and where it ends in peoples everyday life.

 

QY: I believe Japan is rich in “play” cultures and would provide an excellent location for researching this topic.

 

FF: Definitely, Japan is the perfect ground for this exploration as it offer endless opportunities and inputs around the notion of play and game.

This time I found my stay in Japan, even though it was my third time already, challenging, mainly due to language barriers but also I found the artistic context of Kyoto more closed than other bigger cities in Japan such as Tokyo or Osaka . It might have to do with the fact that Kyoto is a very touristic place and emerging in this context as a foreigner can be harder than for example in Tokyo. 

In Japan many relationships establish through being introduced through others, as a foreigner you kind of depend a bit on others taking care for you. That can be on the one hand something really beautiful as my experience in Japan has always been defined by meeting many warm and welcoming people, but sometimes this dependence can also become suffocating when you do need to sort things on your own.

 

QY: Since this event is titled “Beer with Artist”, I’d like to ask you about your own drinking culture or that of your country. In Japan, we have “Nomikai” (drinking parties). These are gatherings where friends come together at an izakaya (Japanese-style pub) to drink and chat. In business, contracts are often made at “Nomikai” instead of formal meetings or conferences, and in the dating scene, we have a special “Nomikai” called “Gokon”. So, “Nomikai” serves various social functions. What about Austria?

FF:  I have had many Nomikais, I guess, in my previous stays in Tokyo, at least many social moments in bars with friends and colleagues. 

In Austria we have a strong drinking culture too and we also have this saying that many contracts are made in the bars and not in the formal work environments. There is though quite a huge cultural difference. Despite the fact I consider austrians on a European scale  rather shy, in comparison to Japan, they really are very direct in addressing issues that we disagree with or dislike. It is also something I personally always find challenging being in here: How to address a problem or discomfort in a non direct way and by all means avoiding an uncomfortable situation for the other? In Japanese culture you aim to avoid confrontation by all means but in Austria we do the opposite many times. As a consequence people argue much more, especially when they get drunk.

 
QY: Oh, it’s true that I don’t like confrontation either, and tend to think of a dialectic, or a third alternative if there is a conflict. Some people say that people in Japan don’t like confrontation because it is an island country, and they value harmony. Maybe there are political, social, or geopolitical influences… I’d like to talk more about this, but let’s talk more the bar!

It’s true, I also avoid confrontation, and when there’s a conflict, I tend to think dialectically or try to find a third alternative. Some people say that because Japan is an island country, there is a tendency to value harmony and avoid confrontation. Perhaps there are political, social, and geopolitical influences at play… I’d love to delve deeper about you and your practices as well as this topic, but let’s save that for the bar!

 


TRA-TRA-TALK

 アートと隣人 vol.1 / インドネシアの文化芸術、その創造環境

 

image of TRA-TRA-TALK “アートと隣人 vol.1 / インドネシアの文化芸術、その創造環境”  at コクリワーク, Osaka, Japan
 
JP  30 May 2022

 

 
 
 
 

 
 
 
 

イベント概要:

 

トークテーマ「 インドネシアの文化芸術、その創造環境」

リサーチャー/高山健太郎

レスポンダー/レオナルド・バルトロメウス(オンライン参加)

 

日 程:2022530日(月)19:00~20:30

受付開始は18:45からとなります。5分前にはご着席ください。

 

会 場(実地及びオンライン):

①コクリワーク(提携施設:サンワールドビル 6F 2号室)

住 所:〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-6-2 サンワールドビル6F 2号室

入場料:500円(交流会参加費含む交流会20:30~21:30)

(注1)会場は、除菌ルームのうえ、常時換気をおこない、密にならないように座席の間隔を開けております。ご来場の際はマスク着用・手指の消毒にご協力をお願いいたします。また当日体調のすぐれない方、熱のある方は入場をお断りする場合があります。

(注220:00に、ビル正面入口が閉まりますので、それまでにご入場下さい。

 

②オンライン:ZOOM

オンライン 無料(視聴のみ) 

 オンライン生配信視聴の希望は、当日正午12時までに下記メールアドレスまで、必ず件名を「トーク視聴希望」にしメールをお送りください。(件名のない場合メールを受けることが出来ません)

Tratratalk@gmail.com

 

ー----

主催:TRA-TRAVEL 共催:コクリワーク 

助成:大阪市助成事業 協力:株式会社artness

ー----

 

 

 

■イベント内容:

TRA-TRAVELが主催するTTT(TRA-TRA-TALK)は、「リサーチをひらく」をテーマにしたトークイベントです。クリエイターや研究者などのリサーチャーは、プロジェクトやリサーチを進めるにあたって、専門的な知識のある方や、事情通などに話しを聞きにいきます。

『リサーチャー(聞き手)が、レスポンダー(応対者)に、話を聞く』をトークイベントとしてひらく事から、観客も交えた意見交換を行う「学び合いの場」を設けます。

第一回目のイベントでは、artness代表の高山健太郎さんが「リサーチャー(聞き手)」として、山口情報芸術センター[YCAM]のキュレーターであるレオナルド・バルトロメウスさんを「レスポンダー(応対者)」とし『インドネシアの文化芸術、その創造環境』を中心に対話/リサーチをひらきます。

リサーチャー(聞き手)である高山さんは、直島、金沢にてアート事業に携わり、2021年4月に独立、新しい価値創造や課題解決をアートと共にをテーマにした会社を創業。地域のアートプロジェクトのキュレーションやプロデュースに携わられています。現在は日本初のアートの仕事に特化したジョブフェア「ART JOB FAIR 」を開催するため準備中です。(クラウドファンディングページ

現在準備をされている「ART JOB FAIR 」は、アート分野の求職者と雇用者が集うプラットホームとして、これまでアート分野ではなかったジョブフェアを日本で初めてつくる試みです。アート分野の働き方や就労環境の課題に一石を投じる試みとして、また高山さん個人によって発案したアート分野の新たな取組としてアートプロジェクトと捉える事もできるものです。

レスポンダー(応答者)のレオナルド・バルトロメウスさんは、インドネシアのアートコレクティブ「セラム」と「ルアンルパ」の一員として活動され、現在、山口情報芸術センター[YCAM]のキュレーターとして、「オルタナティブ・エデュケーション」というテーマのもと、アートを通じた学びや、地域とYCAMの関係性を問い直す長期間のプロジェクトを行っています。

本トークイベントでは、『インドネシアの文化芸術、その創造環境』についてお話しを聞くことを中心に、文化、社会の違いなどから逆説的に現在の自分、現在の日本社会を考える機会にしたいと考えています。

 

 

 

 

■リサーチャー:


高山健太郎 (artness代表)

2004年公益財団法人福武財団に入社。2005年から「瀬戸内国際芸術祭」の準備に携わり、2011年まで直島、豊島、犬島の美術館の立ち上げやアートプロジェクトに携わる。2013年にディレクターとして文化事業会社ノエチカの創業に携わり、「KOGEI Art Fair Kanazawa」や「KUTANism」など石川県の地域文化である工芸のまちづくりやツーリズムなどに携わり、2021年に独立。artnessを創業し、アートプロジェクトのキュレーションやプロデュースを手掛けている。

 

 

■レスポンダー:

レオナルド・バルトロメウス(Leonhard Bartolomeus)
2012年にジャカルタ芸術大学卒業後、ルアンルパに参加。書籍の出版、ギャラリーの運営、リサーチなど、ルアンルパの一員として活動を開始。後に活動範囲を「教育や共同プロジェクト」に重点を移し、ジャカルタ、スマラン、スラバヤのキュレーターとともにKKK(Kolektif Kurator Kampung)を結成。2019年、日本の山口にある山口情報芸術センター(YCAM)のキュレーター・チームに参加し現在も同センターに従事。

 

 

 

■TRA-TRA-TALKとは?

TRA-TRAVELが主催するTTT(TRA-TRA-TALK)は、「リサーチをひらく」をテーマにしたトークイベントです。
クリエイターや研究者などのリサーチャーは、プロジェクトやリサーチを進めるにあたって、専門的な知識のある方や、事情通などに話しを聞きにいきます。
本企画は、『リサーチャー(聞き手)』が、『レスポンダー(応対者)』に話しを聞くことを、あえてイベントとしてひらく事で、観客も交えた意見交換を行う「相互の学びの場」となることを望んでいます。
TRA-TRA-TALKは、アートイベントを既存のギャラリーやアートスペースだけではなく、異業種の施設とコラボレーションを行い、その観客を巻き込むことで「アート」の言説やプレゼンス自体を開くことを目的の一つとしています。初回となる本イベントではビジネス内外の人々が集まるコワーキングスペース「コクリワーク」で開催いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 


Exhibition “At that sunny place / アノ ヒダマリニテ

 

image of exhibition “At that sunny place アノ ヒダマリニテ”  at TRA-TRAVEL gallery, Osaka, Japan
 
JP  12-19 March 2022
 

 

 
アーツサポート関西「上町台地現代アート創造支援寄金助成」成果展として、 Yukawa-Nakayasu と葭村太一を迎えて『アノ ヒダマリニテ』展を開催いたします。
人々の営みの痕跡を探究する両作家が、大阪の上町台地にある厄災の足跡に着目し、「厄災を乗り越えることに寄与した信仰」かつ「信仰を可視化する視覚芸術」を考察しました。約 2 年かけて上町台地にてリサーチやフィールドワークを重ね、現代から古くは奈良時代における人々の営みや信仰にまで思いを巡らします。 二名のアーティストが異なる表現方法で結実させる展覧会を、ご高覧いただければ幸いです。
 

 

 

 

 
<exhibition statement>
悲劇の歴史である厄災は、それまでにない思考や死生観を萌芽させてきた。新たな信仰がうまれ、芸術がそれらを顕在化し、そして人々の営みが積層する。数年毎に厄災にのまれる私たちは、傷を癒しながらも生きた痕跡を残し続けている。
 
私は過去と現在の厄災をかさねる事で、過去の営みを現代に接続し、今ある閉塞感をひらく手がかりを探そうと思う。彼岸の日に沈みゆく夕日を見ながら極楽浄土を観想する「日想観」 、西方浄土を見つめるように積み上がる「無縁仏」、祈願のために毛髪を寺社の門に封入した人々の営為。厄災を乗り越えた人々の輪郭は、都市や文明に埋没しながらも私たちの側にある。
 
心体の深い感覚を呼び起こしたこれらの習俗が、陽のあたる場所で営まれていたことは偶然ではないだろう。陽のあたる場所で行われた過去の営為、コロナ禍において人々が日光によせる現在の情動、このヒダマリに心情をゆだねる人々の普遍的な営みを拠り所に、厄災でこわばった心身をほぐすことから始めてみようと思う。
 
 
< 開催概要 >
アーティスト :Yukawa-Nakayasu, 葭村太一
会場 :TRA-TRAVEL ギャラリー ( 大阪市住之江区北加賀屋 5−5−1 音ビル 2F) 会期 :2022/3/12( 土 )~3/19( 土 ) 会期中無休
開場時間 :12:00~18:00 / 入場料無料
 
<イベント ( トーク & ツアー )>
登壇者 :Yukawa-Nakayasu, 葭村太一 モデレーター : 大島賛都 ( アーツサポート関西チーフプロデューサー ) 会場 : 淨國寺 ( 大阪市天王寺区下寺町 1−2−36)
日時 :2022/3/13( 日 ) 15:00~17:00
( 淨國寺 15:00~16:00 トーク、16:00~17:00 心光寺ツアー ) / 入場料無料
 

主催: TRA-TRAVEL
助成: アーツサポート関西「上町台地現代アート創造支援寄金助成」 、一般財団法人おおさか創造千島財団
協力: 淨國寺、真光院、心光寺、大覚寺、超心寺、イチノジュウニのヨン、柳本京子(敬称略、順不同)
 

Yukawa-Nakayasu(ユカワナカヤス)
1981 年大阪生まれ。歴史や習俗や習慣をもとに、社会や身体、日常に内在している営為や現象を視覚化する作品を制作。 近年では「生命の循環」まで視野を広げ、人々の営みから発生する現象やエネルギーの循環に着目している。2018 年に The 12th Arte Laguna Prize 大賞受賞 ( Arsenale, ヴェネツィア )など。http://yukawanakayasu.net/
 
葭村太一(ヨシムラタイチ)
1986年兵庫県生まれ。日常に溶け込んでしまった“痕跡”に焦点を当て、その奥に存在するであろう目には見えない不確かな部分から作品を制作。主な展覧会に、2021 年個展「Imitation or mimic」(千鳥文化ホール、大阪)、2020 年個展「REACTION」(VOU、京都)、2019年「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019」(記念碑台、兵庫)など。
https://taichiyoshimura.com/